1. ホーム
  2. 最新情報

最新情報

BLOG<オリジナル紙袋>白印刷と白箔について

本日は白の印刷についてご紹介致します。

紙袋などで白色を表現する際、通常は白い用紙に全面印刷をして、ロゴの部分を白抜きにする手法を用います。
下の写真は白い用紙に茶色の全面印刷をして、ロゴ部分を白抜きにしています。
こうすると白がはっきり表現できます。

白抜き

上記の手法とは異なり、予め色の付いた色紙に白のインクで印刷するということも可能です。

下の写真は茶色い未晒クラフト紙に白インキでオフセット印刷をしています。
オフセット印刷なので、細かい線や絵柄も表現可能です。
ただオフセットの白インキは下地の色に影響されるため、はっきりとした白は表現できません。
白印刷
このぼんやり白が出てるさりげなさも中々味があります。

色紙を使って上ではっきりとした濃い白色を表現したいという方には「白箔」がおすすめです。
白箔にすると下の写真のようにはっきりとした濃い白が出せます。

白箔

ただ箔押しはピンホールの原因になってしまうため、ベタが多い絵柄は適していません。
また印刷の線が細いと途切れてしまったり、逆に潰れてしまったりという事があります。

白印刷といっても絵柄や仕上がりの希望によって適した様々な印刷方法があります。

ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

紙袋の印刷サンプル請求・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
TEL:03-5692-5971

閉じる