1. オリジナル紙袋のてさげ.netトップ
  2. 最新情報

最新情報

BLOGキズがつかないマットPP貼り(ソフトマットPP貼り)

紙袋を作成していますと、全面印刷(ベタと言います)に表面加工をするケースというのが結構な割合であります。

通常の印刷物に比べその割合は多いように思います。何かを説明するというより視覚的にアピールするのが紙袋の使い方であるため自然とその傾向になるようです。

そして全面(ベタ)印刷の色と表面加工の組み合わせでこれまた多いのは、黒・紺・焦げ茶などの濃い色の全面印刷にマットPP貼りという組み合わせが多いです。

重厚感、高級感が際立ち、落ち着いた紙袋が出来上がるのですが、ここでよく問題になるのが、表面についてしまうキズや指紋の跡です。

 

これに関しては、梱包する前の作業時にどうしても手作業が入りますので、その際に触ってしまうことによってついてしまいます。

機械貼りならまだしも、手貼りの場合は特に基本的にはすべて手作業になってくるので、製袋時、ひも付け時、梱包時すべてその可能性があるわけです。

これらについては正直、これまではノークレームでお願いしていた部分でした。

 

しかしそれではせっかく作った紙袋の価値が下がってしまいますし、何よりお客様に満足していただけません。

そこでそれを解決する表面加工「ソフトマットPP貼り」をご紹介いたします。

通常のマットPP貼りだと付いてしまっていた細かーいキズや指紋の跡も全然付きません。厳密に言うと付いているのかもしれませんが、全く見えません。

 

通常のマットPP貼りがこちら。

 

 

ソフトマットPP貼りがこちら。

もちろん、無理矢理キズを付ければ付きますが、普通の作業、梱包ではほぼ付かなくなると言っても過言ではないかと思います。

 

別名「ベルベットPP貼り」などと呼ばれることもあるようです。

 

気になるお値段ですが、作成枚数が多ければそれほど上がりません。

 

高級紙袋のマットPP貼りのキズ、指紋が気になっている方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

紙袋の印刷サンプル請求・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
TEL:03-5692-5971

閉じる